静岡県島田市の皮膚科 医療法人社団研成会 伊藤医院 【皮膚科・アレルギー科・泌尿器科・美容皮膚科・肛門科】
  • 医療法人社団研成会 伊藤医院
  • 医療法人社団研成会 伊藤医院
  • 医療法人社団研成会 伊藤医院
ホーム > アトピー性皮膚炎の新薬(コレクチム®軟膏)が使用可能になりました。


 アトピー性皮膚炎の新薬(コレクチム®軟膏)が使用可能になりました。
投稿:
こんにちは。

本日から、アトピー性皮膚炎の新しい外用治療薬「コレクチム®軟膏」が使用可能になりました。
従来のステロイド外用剤、プロトピック®軟膏と並ぶ、「第3の外用薬」となります。

従来のステロイド外用剤は、皮膚炎を抑える力に優れ、アトピー性皮膚炎の外用療法になくてはならないKey Drugとして、長く使用されてきた薬です。
ただし、力価の強いステロイド外用剤を長期に渡って連用しますと、副作用の出現が懸念されるため、皮膚炎の悪化時に限定し、適切に使用すべき外用薬です。

一方、ステロイド外用剤に代わる新薬として、1999年に登場したプロトピック®軟膏は、炎症抑制効果はステロイドに若干劣り、即効性はないものの、ほとんど副作用がなく、長期連用にも耐えうる薬です。
そのため、「皮膚炎を生じたから塗る」のではなく、「定期的に外用して皮膚炎を予防する(プロアクティブ療法)」ことができる外用剤として、広く使用されています。
しかしながら、使用初期に刺激感・灼熱感が出現することがあり、使用を断念せざる得ず、その恩恵に預かれない患者さんも一定数いらっしゃいます。

新しく登場したコレクチム®軟膏は、ヤヌスキナーゼ(JAK)という物質を抑制し、免疫細胞をおとなしくさせることで、皮膚炎を抑制します。
プロトピック®軟膏と同等の効果が期待でき、今のところ大きな副作用の報告もなく、使用時の刺激感が少ないのも特徴です。
刺激感・灼熱感があり、プロトピック®軟膏が使えなかった患者さんに是非お試しいただきたい外用薬となっています。

アトピー性皮膚炎は、まだまだ完治が難しい病気です。
ですが、近年のシクロスポリン内服の適応拡大、昨年のデュピクセント®(注射による治療薬)の登場、そして今回のコレクチム®軟膏の登場と、皮膚炎の病勢をコントロールするための「武器」が広がってきていると感じます。

当院でも、患者さんの症状に合わせて、適切な治療薬の使用をおすすめして行きたいと思っています。


2020年6月24日(水)

<< バラなどが見頃を迎えております!
2020.5.8
水イボ >>
2020.8.1



はじめのページに戻る



医療法人社団研成会 伊藤医院
〒427-0023 静岡県島田市大川町12-2
0547-35-6693

Copyright (c) Dermatology Clinic Itoiin All Rights Reserved.